高台寺・2018春の夜間特別拝観の日程・拝観時間など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高台寺・春の夜間特別拝観とは?

 

こんにちは!Tatyです。

 

本日はいよいよ今週末からに迫った「高台寺・春の夜間特別拝観」についてのご紹介です。

 

もう、タイトル聞いただけでテンション上がりそうなこの企画。高台寺を夜間に拝観ができるということだけでもなかなか凄い企画ですが、プロジェクションマッピングを駆使したライトアップで春の京都を幻想的に彩るイベントとして毎年人気のイベントです!

(⇒ 高台寺・公式HPはこちら)

 

人気の名物イベント「夜間特別拝観」

そもそも高台寺は「高台寺蒔絵」などに代表される歴史的遺産を大事に保管・展示するだけにとどまらず、驚くほど積極的にイベントを企画して「ファン」を獲得しているお寺。

 

伝統的な芸術もさることながら前衛的なアートとのコラボレーションも日ごろから熱心です。

その高台寺の人気の鉄板イベントがこの「夜間特別拝観」ですね。

 

 

2018年は3月9日(金)~5月6日(日)まで

 

今年の開催は3月9日(金)~5月6日(日)まで。

四季折々に夜間の特別拝観を企画されているので、確かに今回を逃しても「またいつか行こ…」という気にもなるんですが。

 

春は春の高台寺のすばらしさ、華やかさがあります。

 

この春の華やかさと秋の趣のコントラストが高台寺のすばらしさ。禅寺の質実剛健な雰囲気の中に「ねね」のふんわりとしたやさしさや女性らしいあでやかさを見つけに参拝してみませんか?

 

 

名物の「方丈前のしだれ桜」見ごろは例年3月下旬

 

高台寺の春を彩る名物といえば「方丈前のしだれ桜」見ごろはほかの桜とほぼ同時期の3月下旬くらい。ここはぜひ写真におさめたいスポットですね。

 

イベント概要

 

 💡  期間 : 3月9日(金)~5月6日(日)

 💡  拝観時間 9:00~22:00(※春の夜間特別拝観期間中・入場受付は21:30まで)

 💡  拝観料 600円(高台寺+高台寺掌美術館)・900円(高台寺+高台寺掌美術館+圓徳院)

(⇒ ライトアップの様子はこちら(高台寺公式HP))

 

 

東山花灯路&狐の嫁入りもより幻想的なイベント

 

2003年から始まった「東山花灯路」そして「狐の嫁入り」イベント。

 

京都にしてはごく新しいこのイベント。そもそもは観光シーズン前の比較的、観光客の閑散期だったこの時期に東山周辺の盛り上がりを願って発起されたイベント。今や早春の京都の風物詩のようにイベントも育ちつつあります。

 

今や「閑散期」とは言えそうもない人ごみだそうです。(花灯路のイベント期間は3月9日(金)~3月18日(日)までですのでご注意を!)

(⇒京都東山花灯路2018の詳細概要はこちら)

圓徳院や周辺の寺院、小路もライトアップや行燈が…

 

高台寺の塔頭である圓徳院はもちろん、この時期の東山周辺は「八坂の塔」の法観寺や知恩院、八坂神社や清水寺に至るまでライトアップされ周辺の道は行燈で埋め尽くされる幻想的な別天地。

 

期間中、小雨でも落ちてきて小路が光を反射するようなタイミングがあればいっそう「この世とは思えない光景」との事です!

 

この時期に京都に行ける方は絶対におススメです!

 

 

まとめ

 

 💡  高台寺の鉄板イベント「春の夜間特別拝観」は3月9日(金)~5月6日(日)まで

 💡  高台寺・方丈前の夜のしだれ桜は必見

 💡  3月9日(金)~3月18日(日)東山花灯路&狐の嫁入りも見逃せない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*