【五条大橋経由】 阪急・四条大宮~京阪・清水五条まで移動(徒歩で…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2日目始動!】まずは本日のお宿
「秀峰閣」まで移動開始!

 

 

 

こんにちは

Tatyです

 

「厳寒の京都・大阪を行く」
2日目のスタートです
(⇒ 「厳寒の京都・大阪を行く」の概要はこちら)

 

1日目の宿泊先の
HOTEL「M’S PLUS 四条大宮」の
チェックアウトが11:00と
ありがたい設定だったので
10時過ぎまでは部屋に
こもってPC仕事をさせて
いただきました。

 

ホントチェックアウトが
遅いのは助かりますね。

 

さてさて

 

時間もそろそろ11時に
近くなってきましたんで…
行動開始です。

 

現在時刻は10時30分

 

まずは阪急・四条大宮駅にほぼ直結の
HOTEL「M’S PLUS 四条大宮」から
京阪・清水五条駅の近く、本日の宿泊先

 

「秀峰閣」

 

まで移動からです。

前日、食べ過ぎましたんで徒歩で。

 

家の近所を「40分歩け!」
って言われたら「絶対、イヤ!」

 

っていうんですけど。
旅先では歩けちゃいます。

 

「旅行ダイエット」ってどうでしょう?
流行りませんかね?

 

ざっくりいえば…
四条通→堀川通→五条通

 

京都の道ってほんとに
わかりやすいですね。

 

よく「碁盤の目」と表現されますけど、
地図を見ててもまさにそんな感じ。

 

HOTEL「M’S PLUS 四条大宮」~
「秀峰閣」の約40分の道のりが
右折・左折をそれぞれ1回ずつって
なんだかシンプル過ぎて笑えます。

 

「堀川通」と聞けば…
「師走の風物詩・全国高校駅伝」

 

 

いつもの通り「グーグル・マップ」に
道案内を頼んでてくてく歩きます!

 

「を! 堀川通?」

 

堀川通に出てきました。

堀川通と言えば

 

【師走の京都を彩る風物詩】の
コピーでおなじみの

 

「全国高校駅伝」

 

毎年、見てます。

 

でもなんか様子が違う。

こんな「堀川通」見たことないよ。

 

そうなんです。

 

高校駅伝のコースは京都の中心部
「四条界隈」を大きく迂回するような
コース取り。

 

聞き覚えのある「堀川通」も
ずっと北の方の「堀川通」なんですね。

 

とても歩きやすいが
見どころは…ない。

 

 

いかにも幹線道路といった感じの
「堀川通」

 

五条通りとぶつかって五条通りに
入りますが、その雰囲気はいっそう
「幹線道路」

 

 

でも、五条通も左手にマクドナルドを
見た、地下鉄烏丸線の「五条駅」あたりから
徐々に雰囲気が変わってきます。

 

少しづつ、着物に身を包んだ
外国人観光客が。

 

かわいいですね。

 

女性はやっぱりテンション
上がるんでしょうね。

 

衣装ひとつで。

 

カップルの男性は和服を
楽しんでいる人もいれば
明らかにお相手にあわせて

 

「お付き合い」

 

って感じの方もおられます。

 

見ていて楽しくなってきます。

 

皆さん、一様に清水寺方向に歩を
進めています。

 

Tatyもその流れに乗って進みます。

 

おお、コレが!
かの有名な「五条の橋」

 

そろそろ、あたりの雰囲気も
観光の空気が出てきました。

 

前方の山の中腹には
お寺が見えます。

 

「清水寺」でしょうか。

 

お?なにやら橋も見えます。

 

ってことは…

 

あの「義経&弁慶」の出会い橋。

 

 

小6の修学旅行でバスガイドさんが
教えてくれた、逸話です。

♬京の五条のはしのうえ~
大の男の弁慶は~

 

この後、知りませんけど…
これもバスガイドさんが
歌ってくれました。

 

30年も前のちょっとした話ですが
覚えているもんですね。

 

 

このわずかなフレーズしか知らない
一説をエンドレス・リピートで
口ずさみながら橋を進みます。

 

義経&弁慶はほかの橋で出会っていた…

 

しかし、いろいろ調べていると
義経&弁慶の出会った場所には
諸説ある模様。

 

橋だったり神社だったり。

 

しかも橋だったとしても今通っている
五条大橋では絶対あり得ないんだそう。

 

なぜなら…

 

今の五条通は昔は別の名で
(六条坊門小路)
二人が出会った橋は今は
「松原橋」と呼ばれている
橋のことだったらしい…

 

でも、
そんな野暮なことはいいじゃない?

 

なんて、考えていると
五条大橋も渡り終え
京阪・清水五条駅も通過。

 

左手に目的地「秀峰閣」

到着です!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*