「夜の壬生寺」行ってきたよ!  って言っても閉門時間は17時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夜の壬生寺」&四条大宮界隈を
散策開始!

 

 

「厳寒の京都・大阪の旅」
1日目ももうすぐ終わろうとしています。
(⇒ 「厳寒の京都・大阪を行く」概要はこちら)

 

このまま、
「パタッと寝る」

これでもいいんですが…。

 

「夜の壬生寺」に向け散策開始!

夜の壬生寺は「雰囲気」あります

壬生寺概要

 

住所 : 京都府京都市中京区中京区壬生梛ノ宮町31

 

 

 

開門時間  8:00
閉門時間  17:00

 

料金  境内参拝は無料
(資料施設見学 大人:200円 小・中・高校生:100円)

 

 

 

ホテル(エムズ・プラス・四条大宮)からも
徒歩で約10分

 

 

朝は早くから開門されていますが
夜は17時まで

この日も当然、閉門されていました。

 

四条大宮界隈のホテルに宿泊されている方で

「せっかくなら中も見たい!」って方

 

朝に「散歩がてら」

ってどうでしょう。

 

朝のお寺ってきもちいですもんね。

 

 

 

ホテルエムズに宿泊の方なら徒歩で約10分

 

チェックアウトも11:00ですので
チェックアウト前に荷物を部屋に
置いたままでどうぞ

 

手ぶらで「近くのお寺まで散歩」って
めちゃくちゃいいじゃないですか?

 

 

 

 

Tatyは夜訪・「夜の壬生寺」ちょっと怖えぇぇ

 

一方、わたくしTatyは夜の壬生寺の
雰囲気を感じに行ってきました!

 

やはり

壬生寺と言えば「新選組」

新選組と言えば「夜」

ってイメージですからねぇ!

 

新選組と言えば「夜襲」ですよね。

 

 

雰囲気ありすぎ!少しひるむわぁ

 

なかなか大きいお寺さんなんですね。
壬生寺

 

新選組の屯所なんで当然と言えば
当然なんですが、それでも敷地を
ぐるりと回ればその大きさを実感できます。

 

 

しかし。
雰囲気あります。

 

近隣にはワンルームマンションのような建物も
ありますけど、町家風情のお宅も多くって…。

 

 

なんだかぞっとしますね。
僕だけ?

 

まだ京都、初日なんでね。
雰囲気にのまれちゃってます。

 

でもですよ。

ここで、何人も粛清されたかと思うと…

 

 

 

ホテルの帰り道では「嵐電」にすれ違いました!

 

当然、閉門されているし…

「夜の壬生寺」とくに見るものもなし!

 

なんてったってこの「寒さ」

 

とっととホテルに戻りやしょ。

 

帰り道に「嵐電」にすれ違いました。
正式には「京福電気鉄道嵐山本線」

 

広島生まれ・西日本各地育ちの僕は
「路面電車」を見ると
自然にテンションが上がります。

 

風情のあるいい「チンチン電車」でした。
京都のひと、うらやましいなぁ!

 

いろんな素敵なものであふれてますね
京都。

 

壬生寺のまとめ

 

 

 

新選組ファンじゃなければスルー必死。

半面、ファンなら垂涎の聖地のひとつ。

 

ご一緒に旅行するメンバーに
「絶対行きたい」って方がおられたら

もうそれは付き合ってあげてください。

 

「聖地巡礼」

ですから。

 

そんな「新選組タグ」がべったり
引っ付いている「壬生寺」

 

なかなかおススメ具合も難しいんだけど、
「散歩がてらに」って感じなら
いいんじゃないでしょうか?

 

周辺の街の雰囲気もそんなにがやがや
してなくって静かですしね。

 

僕は中に入れなくても「夜の壬生寺」

おススメします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*