臨済宗建仁寺派の総本山「建仁寺」も高台寺からすぐそば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校でも習いました!臨済宗・栄西・建仁寺!

 

こんにちは!Tatyです。

 

清水寺、高台寺、圓徳院、ねねの道など「京都といえば…」という東山界隈の人気観光スポットからも徒歩圏内の建仁寺。お寺の格、規模、知名度からしても是非、一度は行ってみたいお寺さんなんですが、今回初めて参詣となりました。

 

なんせ京都は東山界隈以外にも有名スポットがあっちこっちに点在。建仁寺まで足が向かなかった今までを後悔しながらも、今回また「消化不良」のお参りになりました。

 

建仁寺といえば「風神雷神図屏風」!しかし、見ていない…

言わずと知れた建仁寺のいやいや日本絵画の最高峰、俵屋宗達の代表作と言われる「風神雷神図屏風」

日本人ならダレっでも一回は見たことのあるこの屏風絵。「見たことないよっ」って方も覚えていないだけ。見たことはあるはずの「国宝」ですね。

しかし、わたくしTaty、今回見ることができておりません。いろいろとこの後の予定が詰まっていまして…

 

ホントあり得ない!自分。

 

この絵を見に来るだけに京都を訪問しても価値のある作品です。

 

建仁寺の「風神雷神図」は復元されたもの?「建仁寺」所蔵なのに??

 

建仁寺の「風神雷神図屏風」は本物ではなく「復元」のものです。

そもそも「建仁寺」所有の屏風絵なのに、それが復元ってことは本物はもうなくなっちゃってるの?って疑問が浮かびますよね?

答えは「NO」

本物は京都の国立博物館に寄託されています。

常設展示はされていないとの事ですので建仁寺・本坊の大書院で見ることのできる風神・雷神図こそ建仁寺公認の「ほぼ本物の風神雷神」

 

これを見ずして京都に来たというなかれ…。

 

皆さんはぜひ京都に行かれた際は、日本の宝をご覧になってください!

建仁寺の概要

 

【拝観料】

一般  500円

中学生 300円

小学生 200円

 

【拝観時間】

(夏季) 3月1日~10月31日  10;00 ~ 16:30

(冬季) 11月1日~2月28日  10:00 ~ 16:00

 

臨済宗・建仁寺派の大本山

 

建仁寺は禅宗の一派「臨済宗」の大本山。京都五山に数えられるお寺も全て臨済宗のお寺で占められるほど当時の政権に手厚く庇護されてきた仏教宗派です。その臨済宗の中でもシンボリックな施設のひとつ「建仁寺」はその規模で見るものを圧倒する雰囲気を持ったお寺でした。

 

開基は源頼家

 

これははじめて知りました。建仁寺を建てたのが源頼家だったなんて。源頼家は名前こそよく聞く鎌倉幕府の2代将軍。源頼朝の嫡男です。でも「なにしたひと?」って聞かれると「2代しょうぐん…」・「頼朝の子供・実朝の兄・公暁の親」としか出てこない方も多いんじゃないでしょうか。僕もそうです。でも建仁寺を寄進するとか、渋い活躍もしてたんですね。

 

開山は言わずと知れた「栄西」

 

建仁寺と栄西と臨済宗はセット。曹洞宗・道元・永平寺と同じパターン。日本に臨済宗を持ち込んだ栄西は非常に著名な高僧ですが、時の政権や各勢力とも非常に親和性が高く栄西以外にも「一休さん」でおなじみの一休宗純禅師や毛利の外交僧・安国寺恵瓊なども建仁寺とは流派は違えど臨済宗の僧侶です。

 

栄西は博多に日本初の禅寺を開山してます

 

栄西は日本に臨済宗を持ち帰った僧侶。その栄西が建てた有名なお寺が建仁寺となると思わず「日本初の禅寺」と思いがちです。それはどうやら早とちり。曹洞宗のお寺が日本初の禅寺でもありません。

日本初の禅寺は博多にある「安国山・聖福寺」ということです。

 

八坂の塔の法観寺や高台寺も建仁寺の末寺

 

祇園のシンボル「八坂の塔」がある法観寺や先に紹介させていただきました「高台寺」は建仁寺の末寺。そもそも曹洞宗の寺だった高台寺もこの建仁寺から高僧・三江紹益を迎え臨済宗に改宗されました。

 

建仁寺のまとめ

 

・建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山

・拝観は10:00~16:00頃まで

・風神雷神図などの誰でも一度は目にしたことのある国宝も所蔵

(俵屋宗達作・現在は京都国立博物館に寄託中)

・周辺の観光スポットに目を奪われがちですが、一度建仁寺メインに参詣したいお寺さんです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*